レディー

加齢臭が気になるなら|バラの香りでカバーしよう

肌とビタミン作用

化粧品

ビタミンc誘導体は、ビタミンCをより肌に馴染みやすい状態に加工した成分です。ビタミンC配合と記されている化粧品のほとんどには、このビタミンc誘導体が使われます。ビタミンc誘導体には、水溶性と脂溶性があるのが特徴です。この2つは、それぞれ作用が異なることが最近は話題になっています。特に2タイプの違いが表れるのが、即効性や肌への馴染みやすさ、効き目の長さです。水溶性のビタミンc誘導体は即効性がありますが、多少肌に刺激を与えます。一方、脂溶性のビタミンc誘導体の方は、じわじわと肌の奥まで浸透し、より長い効き目が得られるのが特徴です、従って、浸透力や長い効き目を優先する場合は、脂溶性のビタミンc誘導体を選ぶ方が賢明と言えます。

水溶性のビタミンc誘導体と脂溶性のビタミンc誘導体には、それぞれメリットがあります。これらのビタミンc誘導体のメリットを同時に得られる方法が、コスメの使い分けです。例えば、水溶性タイプの化粧水の後に脂溶性タイプの乳液を使ってケアを行えば、より長い効果を得ることが可能です。最近では、2タイプのビタミンc誘導体の作用を併せ持つ新しい成分も注目されます。この手の成分が配合されている高機能コスメを、スキンケアに取り入れるのも一案です。有効成分の長い持続と即効性を同時に得ることも、ちょっとした工夫をすることで可能になります。次のお手入れの時間まで効果を長引かせることが、コンスタントにビタミンCの作用を得るコツです。